管理者ブログ | 泉区の葬儀場の事なら葬儀の三宝へご相談ください。

葬儀の三宝

HOMEお問い合せ

電話番号

ビジネスブログ

2019年01月21日 [葬儀場]

葬儀場の種類

一生のうち何度も自分で葬儀場の手配をすることはないので知らない方も多いようですが、葬儀場にはいくつか種類があります。
多くの方は葬儀場と聞いて連想するのは民営式場で、これは民間の葬儀社が保有している式場です。
セレモニーホールを称されていることも多く、泉区にも民営式場は複数存在しています。
基本的に、それを所有している葬儀社に葬儀を依頼することで使用できるシステムです。
私も両親を亡くしていますが、2回共民営式場で葬儀を行いました。
これに対して公営式場は、各自治体が所有しており、民営式場と比べると安く利用できるようになっています。
基本的にはその地域に住む人でなければ利用できませんが、別途費用を支払うことで、利用が許可されることもあります。
しかし費用が安い分、予約がなかなか取れない場合も多く、希望通りにいかないデメリットもあります。
その他にも、信仰している宗教ごとに保有している式場もあり、公民館や自治会館などを葬儀場として利用できる場合もあり、この場合も会場費を抑えられて、昔ながらの町ぐるみの葬儀を行うことができます。
最小限に費用を抑えたい場合は、自宅を葬儀会場にすれば良く、近頃では自宅で葬儀を行う人は減少傾向にありますが、少人数で葬儀を行う場合は、お坊さんに家に来てもらって拝んでもらうこともできます。
しかし、参列者の数が最初から多いことが分かっている場合や、葬儀希望が大きい場合は、やはり民営式場を利用するのがおすすめで、その場合は多額な香典も見込めるので、多少会場費が高くなっても負担が軽くなり、葬儀費用の相談にも民間業者であれば乗ってくれるので、トータル的な予算も含めて、まずは相談してみましょう。
また、菩提寺で葬儀を行う場合は、利用する葬儀社が決められていることもあるので、その点も事前に確認しておきましょう。

頼りになる葬儀社さんにあたって良かったです


突然の父の死で、葬儀場の手配もしていませんでしたが、家族全員がパニックになっている中、終始丁寧な対応をしてもらえて、肝心の予算の相談にもしっかり乗ってもらえて、とても頼りになりました。
冬場で葬儀場が混み合っていたみたいですが、こちらの希望に合わせてスケジュール調整もしてもらえて、正直ここまで期待していませんでしたが、貴社に葬儀を依頼して本当に良かったです。
またの機会があれば必ず依頼させてもらいます。

PageTop

葬儀の三宝