管理者ブログ | 泉区の葬儀場の事なら葬儀の三宝へご相談ください。

葬儀の三宝

HOMEお問い合せ

電話番号

ビジネスブログ

2019年01月21日 [葬儀場]
一生のうち何度も自分で葬儀場の手配をすることはないので知らない方も多いようですが、葬儀場にはいくつか種類があります。
多くの方は葬儀場と聞いて連想するのは民営式場で、これは民間の葬儀社が保有している式場です。
セレモニーホールを称されていることも多く、泉区にも民営式場は複数存在しています。
基本的に、それを所有している葬儀社に葬儀を依頼することで使用できるシステムです。
私も両親を亡くしていますが、2回共民営式場で葬儀を行いました。
これに対して公営式場は、各自治体が所有しており、民営式場と比べると安く利用できるようになっています。
基本的にはその地域に住む人でなければ利用できませんが、別途費用を支払うことで、利用が許可されることもあります。
しかし費用が安い分、予約がなかなか取れない場合も多く、希望通りにいかないデメリットもあります。
その他にも、信仰している宗教ごとに保有している式場もあり、公民館や自治会館などを葬儀場として利用できる場合もあり、この場合も会場費を抑えられて、昔ながらの町ぐるみの葬儀を行うことができます。
最小限に費用を抑えたい場合は、自宅を葬儀会場にすれば良く、近頃では自宅で葬儀を行う人は減少傾向にありますが、少人数で葬儀を行う場合は、お坊さんに家に来てもらって拝んでもらうこともできます。
しかし、参列者の数が最初から多いことが分かっている場合や、葬儀希望が大きい場合は、やはり民営式場を利用するのがおすすめで、その場合は多額な香典も見込めるので、多少会場費が高くなっても負担が軽くなり、葬儀費用の相談にも民間業者であれば乗ってくれるので、トータル的な予算も含めて、まずは相談してみましょう。
また、菩提寺で葬儀を行う場合は、利用する葬儀社が決められていることもあるので、その点も事前に確認しておきましょう。

頼りになる葬儀社さんにあたって良かったです


突然の父の死で、葬儀場の手配もしていませんでしたが、家族全員がパニックになっている中、終始丁寧な対応をしてもらえて、肝心の予算の相談にもしっかり乗ってもらえて、とても頼りになりました。
冬場で葬儀場が混み合っていたみたいですが、こちらの希望に合わせてスケジュール調整もしてもらえて、正直ここまで期待していませんでしたが、貴社に葬儀を依頼して本当に良かったです。
またの機会があれば必ず依頼させてもらいます。

2018年12月18日 [葬儀場]
父が長年ガンのため闘病生活を送っていて、入退院を繰り返していましたが、最後は自宅で過ごしたいということで、先日ついに逝ってしまいました。
母は看病疲れで心労もかなり蓄積されていたようで、父を看取ると体調を崩して寝込んでしまいました。
私は仕事が忙しくて、なかなか泉区の実家にも顔を出すことができなくて、父が亡くなりようやく仕事を休むことができて、母の代わりに長男として葬儀の手配を私が行うことにしました。
弟が2人いますが、一人は海外へ転勤中で、もう一人は私と歳が一回り以上離れていて、まだ大学在学中で、私と妻が役割分担をして、葬儀社は地元に葬儀場がある貴社を選ぶことにしました。
連絡するとすぐに自宅まで来てくれて、遺体の処置も素早く行ってくれて、葬儀の日程の調整もこちらの希望に合わせてしていただけて、誠にありがとうございました。
母の体調の回復を待ちたくて、大変ご迷惑を掛けてしまったと思いますが、親身になって相談に乗って、母の身体にことを気遣ってくれて、今回葬儀に関わってもらえたスタッフさんは全員優しい方ばかりで、私も接客業をしているので、その完璧な対応に感心させられました。
母が寝込んでいたことから、参列者の数もきちんと読めなくて、連絡方法やお寺さんの手配など分からないことだらけでしたが、こちらが見落としていた点は全部カバーしていただけて、当日予定したよりもたくさんの人が葬儀場に集まりましたが、その時も臨機応変に対応してくれて、混乱もなく無事葬儀を終えられたのも全て貴社のお陰です。
お陰様で母の体調も回復して、最後まで葬儀に参加できて、皆様から立派な葬儀だと言ってもらえたので、貴社にお願いして本当に良かったです。

泉区内で葬儀場を持つ葬儀社さんを探して


当初は他の葬儀社さんに依頼するつもりでしたが、葬儀場がしばらく空かなくて、費用も割高になると聞いて、泉区内で葬儀場を持つ葬儀社さんを探して御社にお願いしました。
業界トップクラスの低価格で葬儀を挙げてもらえることが分かり、あらゆる葬儀に対応してもらえるということで、はじめてのことで分からないことばかりでしたが、親身になって相談に乗ってもらえて、お陰様で恥かしくない立派な葬儀を執り行うことができました。

2018年11月20日 [葬儀場]
死は突然やってくるもので、残された家族がしなければいけない葬儀の準備をはじめて行うケースも多いと思います。
葬儀を行うには葬儀社の協力が必要ですが、はじめてのことでどこに依頼していいのか迷われている方や、葬儀場をお探しの方もたくさんいらっしゃることでしょう。
葬儀社によってもかかる費用は異なり、葬儀場もある程度決まってくるため、葬儀社選びは慎重に行わなければいけません。
近頃では、火葬式で故人を見送る人も増えているようで、その場合葬儀場選びは必要ありませんが、葬儀場を利用する場合は、予めおおよその参列者の数を予測しなければいけません。
葬儀社には自社で葬儀場を持っている場合とそうでない場合があって、何も考えないで葬儀社を選んでしまうと、会場に入れなくなるような人も出てしまいますので、参列者が多い場合は、それなりに大きな葬儀場を持っている葬儀社を選ぶことをおすすめします。
はじめて葬儀を行う場合は、どの程度の費用がかかるのかが想像できないことだと思いますが、予算がない場合は、参列者の数を予測する時に、入ってくる香典の金額も計算して、出ていくお金と相殺して葬儀社や葬儀場を選ぶといいでしょう。
香典の金額はどんなに多くても5万円から10万円とされていて、故人の友人や知人であれば5000円から1万円程度を用意するのがマナーとされているので参考にしてください。
泉区にも複数の葬儀社があるので、予算や葬儀場の規模を考えて、葬儀社選びを行いましょう。

泉区に立派な葬儀場を持っている葬儀社に父の葬儀をお願いして


父が急死してすぐに葬儀の準備をしなければいけなくて、死を悲しんでいる余裕もなく、どんどん時間が過ぎていきました。
予期していなかった出来事に、最初は頭がパニック状態でしたが、頼りになる葬儀社に父の葬儀を依頼したことで、だんだん心にも時間的にも余裕が出てきて、喪主としてしっかり葬儀を執り行うことができました。
三宝さんを選んだのは、正直葬儀費用が安いと聞いたからでしたが、泉区に立派な葬儀場を持っていて、葬儀に関する疑問に全て分かりやすく答えてくれて、私の不安な気持ちも察して和らげてくれました。
葬儀後の必要な手続きも、優秀なスタッフさんが手伝ってくれて、お寺さんの手配など、こちらが気づかないことも先回りで手配してくれて、本当に貴社を選んで良かったです。

2018年11月14日 [葬儀場]
母が余命宣告されたのは1年半前で、この度亡くなる直前までは、本当に癌におかされているのか疑いを持つほど食欲もあって元気に見えましたが、母の強い希望もあって延命治療もしなかったこともあり、ほぼ宣告通りの期間で逝ってしまいました。
母は自分の命が短いことを知ってからは、エンディングノートを作成するなど終活をはじめて、その1つとして自分の葬儀を行う葬儀社さんも決めていて、今回泉区に葬儀場がある三宝さんのお世話になりました。
葬儀にはあまりお金をかけて欲しくないということで、母が低価格で葬儀ができる三宝さんを見つけてきて、母は火葬式でも十分と葬儀社のスタッフさんに伝えていたようですが、しっかり話し合いをした結果、家族葬で母を見送ることにしました。
事前に葬儀場も見学させてもらいましたが、小規模な葬儀から大規模な葬儀まで対応できるとても立派な設備が整っていて、駐車場も60台分完備されているということで、遠方からくる親戚たちの交通手段の心配もしないで済んで助かりました。
はじめて葬儀を取り仕切ることになって、どうしていいのか戸惑いましたが、予期せぬ事が起きても臨機応変に対応してくれて、最後まで安心して任せることができました。
親族以外にも、生前母を慕ってくれた友人やご近所さんも葬儀に参列したいということで、人数も予定よりもかなり増えてしまいましたが、予算の範囲内で葬儀ができたことにも感謝しています。
この度は本当にありがとうございました。

予算がない中で三宝さんの葬儀場を利用できて良かったです


お恥ずかしい話ですが、会社をリストラに遭ったばかりで、家族を養うために契約社員として再スタートばかりで、お金に余裕がない状況で父を亡くしてしまいました。
そのため立派な葬儀をしてやることができなくて、泉区内で安く葬儀を挙げられる葬儀社を探して三宝さんのお世話になりました。
父には悪いと思いながら、火葬式でしか葬儀はできないと思っていましたが、家族葬でも20万円代からできることが分かり、三宝さんの葬儀場で家族と父に近い人たちで葬儀を執り行うことができて、心から感謝申し上げます。
10人ほどの小規模な葬儀にはなりましたが、立派なお花や必要なものは全て料金に含まれていて、最低限のことはしてあげられたので、きっと父も天国で許してくれていると思います。

PageTop

葬儀の三宝