泉区の葬儀場ならお任せ下さい。

葬儀の三宝

HOMEお問い合せ

電話番号

泉区の葬儀場【ポイントとFAQ】

私たちは泉区で葬儀場を紹介することができる葬儀社です。さまざまな葬儀プランに対応することができます。火葬式や家族葬、一般葬にも対応可能です。葬儀の準備のために必要なことはすべて私たちが対応します。事前相談や事前見積りには24時間365日対応しているため、何か知りたいことがあれば、いつでもお問い合わせください。地元に密着して30年の実績があります。葬儀の際にはお棺やお骨壷などを用意して、寝台車によってお迎えに上がることも可能です。また、役所への申請についても私たちで代行することができます。お別れのための花や遺影写真といったものの準備にも対応できます。式場には、安置所も設けています。少人数から大規模な葬儀にまで対応できるようなスペースのある式場です。それぞれの葬儀のプランに合わせて式場の準備をします。

葬儀場 泉区

葬儀に関することはすべて私たちが全力でサポートします。初めて葬儀をすることになり、戸惑っているという人も多いでしょう。経験のない人に対してもわかりやすく説明をすることができます。これから泉区で葬儀をしたい人、葬儀場を探している人などは、お気軽に株式会社三宝にまでご相談ください。私たちの社員が責任を持ってサポートします。

01葬儀場とは

葬儀場とは、お亡くなりなった方の通夜や告別式を行う場所で、別名「セレモニーホール」「葬儀会館」などとも呼ばれています。
通夜や告別式の他にも、火葬や会食や法事を行うことができる場合もありますが、葬儀場によって対応できるサービスは異なります。
どちらかと言えば、その全てができる葬儀場の方が少ないのが現実なので、葬祭に関するいっさいのことを一か所で賄いたい場合は、慎重に葬儀場を選びましょう。
一般的には、「○○斎場」と呼ばれているのが全てに対応できるタイプの葬儀場で、通夜の前に遺体を会場に運べば、遺骨になるまで遺体を移動する必要がありません。しかし、地方には民営の火葬場が非常に少ないのが現実で、そのような葬儀場は公営となっていて、公営の火葬場は自治体に1つしかないということも珍しくありません。
ただし、遺体を安置できる葬儀場はたくさんあって、基本的に無料で安置できるのは一晩だけですが、別途料金を支払えば通夜までの数日間預かってもらうこともできるようになっています。
大きさにもよりますが、法事が行える葬儀場も増えていて、通夜の日であれば家族が宿泊できる施設も多く見られます。

02初めて葬儀場を選ぶ方に注意すべき点を紹介

初めての葬儀場選びでは、人の死が関わっているため冷静になれない場合が多いため、失敗してしまうケースも多く見られます。
経験者であれば、葬儀の準備の流れも把握していて、葬儀場にどの程度の費用がかかるかも承知しているわけですが、初めてだと費用面についての知識もないため、葬儀社からの提案をそのまま受け入れて、後から高額な請求書を渡され困惑してしまう方も少なくありません。突然そのときを迎えてしまった場合は致し方ありませんが、ある程度そうなること分かっている場合は、事前にある程度の情報を入れておくことをおすすめします。葬儀場を選ぶポイントはいくつかありますが、肝心の利用料金については事前にいくつかの候補をピックアップして、料金を比較すれば後悔することは回避できます。このときには、葬儀の希望や内容を統一して費用を確認することがポイントです。
葬儀場によって設備の充実度も異なりますので、料金だけにとらわれないように注意して、各会場の設備にどのような特徴があるかを確認しましょう。家族控室はできるだけ快適な方がよく、施設内の段差やエレベーターの有無も大事なチェックポイントです。参列者が待ち時間をゆったり過ごせるロビーの有無や会食質の広さなども確認することを忘れないでください。

初めて葬儀場を選ぶ方に注意すべき点を紹介

03葬儀場をはじめて利用するときの3つのお悩み

1.葬儀場はどこを選んでも一緒なの?
はじめて喪主を務める方は、どこで葬儀を執り行えばいいか悩むことになります。
知り合いの葬儀社などがいる場合は、何も考えなくても段取り良く葬儀場も手配してくれますが、それができない人の方が圧倒的に多いのが現実です。
葬儀場には公営斎場、民営斎場、ホテル、集会場、公共施設など多くの選択肢があって、それぞれにメリットやデメリットがありますので、その内容をきちんと確認して、予算や規模などにも合わせてベストな選択をしてください。

2.寺院を葬儀場に選ぶことは可能
葬儀にはお坊さんが必要なので、寺院で葬儀を挙げたいという方もいると思いますが、寺院の場合は基本的に檀家の方しか利用することはできません。
実は寺院はもともと葬儀を行う施設ではなく、葬儀を行うための設備が整ってないというケースもあります。

3.自宅を葬儀場にできるのか
一昔前には自宅で葬儀を行うのが当たり前でしたが、最近ではあまり見かけなくなりました。
自宅で葬儀を執り行うことは可能ですが、その場合は祭壇を飾って棺を安置して、葬儀に参加する人たちを収容できるスペースがなくてはいけません。また、霊柩車などの必要な車両を止めるスペースも必要です。

04満足いく葬儀ができるように葬儀場の種類を紹介

葬儀場 泉区

一昔前であれば、家族が亡くなれば自宅で葬儀を挙げるのが一般的でした。地域によっては今でも多くが自宅を葬儀場にしているようですが、現在は公営斎場、葬儀社の葬祭ホール、民間の貸し斎場などで葬儀を執り行うのが一般的となっています。
公営斎場は、一つの市区町村やいくつかの自治体が集まってつくられた組合により管理運営されていて、火葬場が併設されている施設も多く見られます。
民営の斎場よりも利用料が安く、祭壇を無料で使用できる施設も多い点などがメリットとして挙げられます。しかし、利用希望者が多く予約がしにくい点や、複数の葬儀が同時に行われる点などがデメリットとなっています。
葬祭ホールや民間の貸し斎場などは民営斎場と呼ばれていて、民間企業や宗教法人などが運営しています。
公営斎場に比べて設備が充実している施設が多く、いろいろな要望に臨機応変に対応してもらえることなどがメリットとして挙げられます。しかし、公営斎場に比べて利用料金が高額な点が大きなデメリットとなります。
その他にも、葬儀場としては寺院や教会、ホテル、集会場、寄合所などがあり、それぞれに特徴がありますので、料金や設備の面を良く比較して葬儀場を決めましょう。

05神奈川県横浜市泉区にある地域密着型の葬儀場

神奈川県泉区にある葬儀場で、地域密着で30年の実績があり、一般葬儀、家族葬などに対応しています。
横浜市内18区の西南部に位置する泉区は、緑溢れる暮らしが可能なとても住みやすい環境が整っている街で、西側を境川と和泉川、北側を阿久和川、東側を宇田川が流れています。
河川だけではなく地下水脈にも恵まれていて、台地の辺縁には湧水が分布し、現在でも生活用水として利用している世帯もあります。
河川地域には農業地帯が開かれ、以前から農業が盛んに行われていました。現在も区内には農産物の直売所がたくさん設置されていて、区外にも多くの利用者がいます。
自然豊かな泉区には商業施設や教育施設も充実していて、古くからの商店街も多数営業しています。
泉区から都内までは電車で1時間ほどかかりますが、みなとみらいや江ノ島や鎌倉へのアクセスも良く、生活には困らない閑静な住宅街地として人気があります。地域行事も活発に開催されていて、子育て環境も充実しています。
自然が多い泉区では、四季折々の季節を感じながら子育てをすることができるようになっています。春には桜並木が、夏には水遊び、秋には紅葉を楽しむことができます。

06葬儀場を手配するとどのくらいの費用がかかるの?

ご家族が亡くなり、葬儀を執り行うために葬儀場を手配する際には、悲しみに中にありながら費用のことが心配になると思いますが、それは仕方のないことです。
葬儀の喪主になることは滅多にあることではないため、ほとんどの人は実際にそのときがこないと費用について調べることはないようです。
そのため、家族に死が近づいていたり、お金に余裕がなかったりする場合は、あらかじめ葬儀費用について調べておくことをおすすめします。
葬儀にもさまざまな種類がありますが、参列者を多く招く葬儀のことを一般葬と言い、その名の通りに葬儀場を手配して行われる一般的な葬儀のスタイルです。

葬儀場を手配するとどのくらいの費用がかかるの?

一般葬では、通夜や告別式や火葬式が行われますが、一般葬には平均して150〜200万円程度の費用がかかるとされています。地域や規模によっても葬儀費用が大きく変わりますが、最低でも100万円は覚悟しておいた方が良いでしょう。
最近では家族葬と言って、家族などの身内だけで行う小さな葬儀スタイルを選択する方が増えていて、そうなると100万円を大幅に下回る費用で葬儀を行うことができます。
また、火葬式だけを行う場合は、20万円前後で葬儀を行うことも可能となっています。

07家族葬を行うときに気をつけるべき3つのポイント

01参列者の範囲を明確にすることが大事

最近ではお金のかからない家族葬と行う方が増えていますが、家族葬に慣れていない方も多く、一般の葬儀とは異なり参列者の範囲がはっきりしていないため、主催者は参列者の範囲を明確にすることをおすすめします。
なぜなら、知り合いが多かった故人などの場合は、誰を呼んで誰を呼ばなかったなどのトラブルに発展する可能性が高いからです。

02家族葬を行うのは故人の意向であることを伝える

まだ世間一般的ではないということもあり、家族葬を行うことを良く思わない方も多いのが現実です。そのせいでトラブルになることもあるので、家族葬はあくまでも故人の強い希望によって開催した旨を伝えましょう。
故人のことを偲んでくれる知人や旧人の方々の気持ちは大切にした方が良く、それが主催者のマナーでもあります。

03香典辞退などの連絡を行う

家族葬には明確なルールが定められていなく、マナーについても広く知れ渡っていないこともあり、香典辞退などの連絡はあらかじめきちんと行っておきましょう。
何の連絡もなければ、葬儀に参列する人は香典をどうすれば良いか悩んでしまいます。自分がはじめて家族葬に参列する立場でいろいろなことを考えましょう。
分からないことがある場合は、遠慮なく葬儀社に相談してください。

08葬儀場を選ぶときには何を基準にして選べば良いの?

葬儀場は、自宅、お寺、セレモニーホールなどいろいろな種類があって、はじめて葬儀を執り行うときには葬儀場をどうすれば良いか多くの人が困惑してしまいます。
葬儀場に選ぶ場所は、それぞれにメリットとデメリットがあるため、自分たちが置かれた状況に合わせてベストな選択をしてください。
たとえば、自宅で葬儀を行う場合は式場料金がかからないため、費用を大幅に抑えられるという大きなメリットがあります。また、慣れ親しんだ場所で故人を偲ぶことができることも利点です。
ただし、自宅を葬儀場にする場合は、大勢の人たちを一度に収容することができないデメリットが生じ、葬儀の準備にもかなりの労力がかかってしまいます。さらに、プライベートを多くの人に晒してしまうこともデメリットです。
その点、自治体が運営する公営セレモニーホールであれば、比較的会場費を抑えられて、多くの参列者を招くことができます。
また、葬儀社が運営しているセレモニーホールであれば、お寺などよりは会場費を抑えられるところも多く、公営のセレモニーホールよりも造りが立派で、全ての準備を葬儀のプロの葬儀社に任せられるというメリットが得られます。

09葬儀のことで良くある相談とは

葬儀のことで良くある相談とは

葬儀に参列する機会は一生のうち何度もあっても、自分で葬儀を執り行うことはそれほど多くはないため、葬儀に関わることで不明な点はたくさんあることと予測できます。
葬儀のことで分からないことがあれば、葬儀のプロである葬儀社に相談するのが最も良い方法だと思います。
葬儀に関する相談のタイミングが分からないという方も少なくないようですが、葬儀相談のタイミングは、大きく3つに分けられます。1つ目は生前、2つ目は余命を知らされたとき、3つ目は亡くなった直後です。
かつては生前余命も知らされていないうちに葬儀の話をすることは不謹慎とされていましたが、最近では葬儀の多様化が進み、家族に合った葬儀をしたいなどの理由から、生前の早い段階で依頼する葬儀社を選んで相談する方も増えてきています。
この段階では無料で相談に応じてもらえるので、遠慮しないで実行に移してください。葬儀の準備はできるだけ早くした方が、葬儀費用を抑えることにもつなげられます。
亡くなってからではどうしてもやることがいろいろあって、費用のことを考えている時間もとれないケースが多いです。
また、葬儀の相談は喪主だけではなく、家族全員で協力して行うことにより、1人にかかる負担が軽減され、安心感も変わってきます。

10利用者からよくある3つの質問

質問 葬儀社はどのようにして選べば良いの?
回答 多くの方が気になるのが、葬儀に掛かる費用だと思います。
したがって、最初から葬儀費用を明確に提示してくれる葬儀社を選ぶようにすると良いです。
そのうえで、葬儀社のスタッフの対応が丁寧で親切であるかも大きなポイントで、たとえ低予算だからといって態度を変えないような業者は信用できます。
事前に気になる点についてきちんと質問して、不明点をなくしてから契約を結びましょう。
質問 葬儀社選びを間違って起きるリスクは?
回答 葬儀社はどこに依頼しても同じではなく、葬儀場の選び方で葬儀の仕方も変わってきます。葬儀社選びを間違うと、いろいろな面で希望に沿わない葬儀になる可能性が高いです。
また、追加料金が出て、当初の見積額よりもかなり多くの葬儀費用を請求されてしまうというケースも、珍しいことではありません。
葬儀でのトラブルはできるだけ避けたいものです。
質問 葬儀場を選ぶタイミングはいつが良いの?
回答 葬儀場を選ぶベストなタイミングはありませんが、生前にあらかじめ葬儀社を選び、葬儀場を決めておけば、準備を万端にできるため、いろいろな面でメリットを得ることができます。
たとえば、亡くなってから葬儀場を決める場合は、どうしてもバタバタしてしまい、葬儀費用のことをきちんと考えている時間がありません。そうなると、必然的に掛かる費用が多くなってしまいます。

11葬儀社選びで気をつけること

POINT 葬儀という儀式は生きているうちに何度も主催するものではないため、どこに葬儀を任せるかについて頭を悩ませる方が多く、特に東京などの都会で選択肢がたくさんあればなおさらです。
最近では一般葬以外にも、家族葬などいろいろなプランが用意されているので、まずは自分たちに合ったプランをきちんと提案してくれる業者を探すようにしましょう。
依頼先を決めるときにはやはり金額が気になると思いますが、見積金額だけの判断はトラブルの元にもなるので注意しなくてはいけません。
葬儀費用は依頼する業者によって大きな違いがあると思っている方も少なくないようですが、実際には依頼する側の予算に応じて内容を決められるようになっているため、葬儀社ごとで費用に大きな差が出ないようになっています。それを知らないで相見積りだけをたくさんとって、金額だけで依頼先を決めると、後悔することなる可能性が高くなります。
良心的な葬儀社だとそこまでの情報を事前に教えてくれて、全体の段取りもしっかり伝えて予算を聞いて調整してくれます。
金額だけで業者選びをするのではなく、実際に葬儀を行う場所を自分の目で確かめて、サービスの内容も詳しく聞いたうえで、依頼先を決定することをおすすめします。

12忌み言葉とは

忌み言葉というのは、うっかり使用してしまうと縁起が悪いと相手に受け取られてしまう言葉のことで、冠婚葬祭の場では避けることがマナーとされています。
まだ若いうちは間違って使ってしまっても、相手にそれほど嫌な思いをさせることもないかしもれませんが、ある程度の年齢になって使用してしまうと、不快感を与えたり自分が恥をかいたりすることになる可能性が高くなるので、忌み言葉を認識しておくことをおすすめします。
お葬式の場で避けたい忌み言葉はたくさんありますが、繰り返す言葉は不幸が重なることを連想させることから避けるべき言葉とされています。たとえば「いよいよ」「重ね重ね」「またまた」「ますます」「返す返す」「次々」「たびたび」などがあります。
また、宗教によっても忌み言葉は異なります。
仏教のお葬式では、弔辞や挨拶で「浮かばれない」「迷う」などの言葉を使用するのはふさわしくないとされています。寂しい思いや無念な思い、苦しさ、悔しさ、辛さなどを連想させる言葉は避けましょう。
これに対してキリスト教では、仏教で普通に使用されている「供養」「成仏」「冥福」などの言葉が忌み言葉になることもあるため、キリスト教の葬儀に参列する場合は覚えておいた方が良いと思います。

FAQ一覧

お役立ち情報

葬儀場選びは何を基準にすれば良いか ご両親が終活をはじめて葬儀場探しをしていて困っているという方より、葬儀場の選び方についての質問を受け、その答えを紹介しています。
公益斎場や民間斎場の他にもいろいろな選択肢があることが記載されています。

PageTop

葬儀の三宝