泉区の葬儀場ならお任せ下さい。

葬儀の三宝

HOMEお問い合せ

電話番号

泉区の葬儀場【ポイントとFAQ】

私たちは泉区で葬儀場を紹介することができる葬儀社です。さまざまな葬儀プランに対応することができます。火葬式や家族葬、一般葬にも対応可能です。葬儀の準備のために必要なことはすべて私たちが対応します。事前相談や事前見積りには24時間365日対応しているため、何か知りたいことがあれば、いつでもお問い合わせください。地元に密着して30年の実績があります。葬儀の際にはお棺やお骨壷などを用意して、寝台車によってお迎えに上がることも可能です。また、役所への申請についても私たちで代行することができます。お別れのための花や遺影写真といったものの準備にも対応できます。式場には、安置所も設けています。少人数から大規模な葬儀にまで対応できるようなスペースのある式場です。それぞれの葬儀のプランに合わせて式場の準備をします。

葬儀場 泉区

葬儀に関することはすべて私たちが全力でサポートします。初めて葬儀をすることになり、戸惑っているという人も多いでしょう。経験のない人に対してもわかりやすく説明をすることができます。これから泉区で葬儀をしたい人、葬儀場を探している人などは、お気軽に株式会社三宝にまでご相談ください。私たちの社員が責任を持ってサポートします。

01葬儀場とは

葬儀場とは、お亡くなりなった方の通夜や告別式を行う場所で、別名「セレモニーホール」「葬儀会館」などとも呼ばれています。
通夜や告別式の他にも、火葬や会食や法事を行うことができる場合もありますが、葬儀場によって対応できるサービスは異なります。
どちらかと言えば、その全てができる葬儀場の方が少ないのが現実なので、葬祭に関するいっさいのことを一か所で賄いたい場合は、慎重に葬儀場を選びましょう。
一般的には、「○○斎場」と呼ばれているのが全てに対応できるタイプの葬儀場で、通夜の前に遺体を会場に運べば、遺骨になるまで遺体を移動する必要がありません。しかし、地方には民営の火葬場が非常に少ないのが現実で、そのような葬儀場は公営となっていて、公営の火葬場は自治体に1つしかないということも珍しくありません。
ただし、遺体を安置できる葬儀場はたくさんあって、基本的に無料で安置できるのは一晩だけですが、別途料金を支払えば通夜までの数日間預かってもらうこともできるようになっています。
大きさにもよりますが、法事が行える葬儀場も増えていて、通夜の日であれば家族が宿泊できる施設も多く見られます。

02初めて葬儀場を選ぶ方に注意すべき点を紹介

初めての葬儀場選びでは、人の死が関わっているため冷静になれない場合が多いため、失敗してしまうケースも多く見られます。
経験者であれば、葬儀の準備の流れも把握していて、葬儀場にどの程度の費用がかかるかも承知しているわけですが、初めてだと費用面についての知識もないため、葬儀社からの提案をそのまま受け入れて、後から高額な請求書を渡され困惑してしまう方も少なくありません。突然そのときを迎えてしまった場合は致し方ありませんが、ある程度そうなること分かっている場合は、事前にある程度の情報を入れておくことをおすすめします。葬儀場を選ぶポイントはいくつかありますが、肝心の利用料金については事前にいくつかの候補をピックアップして、料金を比較すれば後悔することは回避できます。このときには、葬儀の希望や内容を統一して費用を確認することがポイントです。
葬儀場によって設備の充実度も異なりますので、料金だけにとらわれないように注意して、各会場の設備にどのような特徴があるかを確認しましょう。家族控室はできるだけ快適な方がよく、施設内の段差やエレベーターの有無も大事なチェックポイントです。参列者が待ち時間をゆったり過ごせるロビーの有無や会食質の広さなども確認することを忘れないでください。

初めて葬儀場を選ぶ方に注意すべき点を紹介

03葬儀場をはじめて利用するときの3つのお悩み

1.葬儀場はどこを選んでも一緒なの?
はじめて喪主を務める方は、どこで葬儀を執り行えばいいか悩むことになります。
知り合いの葬儀社などがいる場合は、何も考えなくても段取り良く葬儀場も手配してくれますが、それができない人の方が圧倒的に多いのが現実です。
葬儀場には公営斎場、民営斎場、ホテル、集会場、公共施設など多くの選択肢があって、それぞれにメリットやデメリットがありますので、その内容をきちんと確認して、予算や規模などにも合わせてベストな選択をしてください。

2.寺院を葬儀場に選ぶことは可能
葬儀にはお坊さんが必要なので、寺院で葬儀を挙げたいという方もいると思いますが、寺院の場合は基本的に檀家の方しか利用することはできません。
実は寺院はもともと葬儀を行う施設ではなく、葬儀を行うための設備が整ってないというケースもあります。

3.自宅を葬儀場にできるのか
一昔前には自宅で葬儀を行うのが当たり前でしたが、最近ではあまり見かけなくなりました。
自宅で葬儀を執り行うことは可能ですが、その場合は祭壇を飾って棺を安置して、葬儀に参加する人たちを収容できるスペースがなくてはいけません。また、霊柩車などの必要な車両を止めるスペースも必要です。

04満足いく葬儀ができるように葬儀場の種類を紹介

葬儀場 泉区

一昔前であれば、家族が亡くなれば自宅で葬儀を挙げるのが一般的でした。地域によっては今でも多くが自宅を葬儀場にしているようですが、現在は公営斎場、葬儀社の葬祭ホール、民間の貸し斎場などで葬儀を執り行うのが一般的となっています。
公営斎場は、一つの市区町村やいくつかの自治体が集まってつくられた組合により管理運営されていて、火葬場が併設されている施設も多く見られます。
民営の斎場よりも利用料が安く、祭壇を無料で使用できる施設も多い点などがメリットとして挙げられます。しかし、利用希望者が多く予約がしにくい点や、複数の葬儀が同時に行われる点などがデメリットとなっています。
葬祭ホールや民間の貸し斎場などは民営斎場と呼ばれていて、民間企業や宗教法人などが運営しています。
公営斎場に比べて設備が充実している施設が多く、いろいろな要望に臨機応変に対応してもらえることなどがメリットとして挙げられます。しかし、公営斎場に比べて利用料金が高額な点が大きなデメリットとなります。
その他にも、葬儀場としては寺院や教会、ホテル、集会場、寄合所などがあり、それぞれに特徴がありますので、料金や設備の面を良く比較して葬儀場を決めましょう。

FAQ一覧

PageTop

葬儀の三宝